さくらのクラウド ユーザーインターフェース機能の仕様

ユーザーインターフェース

シンプルで直感的なUIと「インフラの見える化」を実現したコントロールパネル。

コントロールパネル

シンプルで直感的なUIと「インフラの見える化」を実現したマップ機能

さくらのクラウドのコントロールパネルは「ブラウザの中の仮想データセンター」。シンプルで直感的なUIと「インフラの見える化」を実現したマップ機能が特長。インターネットにアクセスできれば、いつでもどこからでも、サーバー作成やネットワーク設定などあらゆる操作が可能です。

コントロールパネル

特長・メリット

  • 安心の日本語
    インターフェース

    国産クラウドならではの完全日本語インターフェース。

  • 「インフラの見える化」
    マップ機能

    マップ機能は、サーバー構成・ネットワーク構成を自動的にグラフィカル表示できる機能です。インフラ全体を把握できるだけにとどまらず、マップ上でサーバーとスイッチの接続などの直感的な操作が可能になっています。

  • リモートスクリーンで
    サーバーに簡単アクセス

    リモートスクリーンを使えば、各サーバーのコンソール画面に簡単にアクセスできます。ISOイメージからのOSインストールもでき、まるでサーバーが手元にある感覚で操作できます。

リソースマネージャー

インフラ構成をコードで簡単に管理

リソースマネージャーは、コントロールパネル上で、複数台のサーバー構成、ロードバランサなどのインフラ構成情報のテンプレートを選択することで、複雑なサーバー構成の一括構築、更新や削除などの管理ができます。お客さまによる手作業は不要となり、インフラ構築・管理にかかる時間を大幅に短縮可能です。

リソースマネージャー

リソースマネージャーは、HashiCorp社 が提供するオープンソースプロダクト「HashiCorp Terraform 」を元に、さくらのクラウドのユーザーコミュニティ「Sacloud 」が開発したさくらインターネット公認ツール「Terraform for さくらのクラウド」を利用して提供しています。

特長・メリット

  • 簡単デプロイ

    定義した環境を開発・本番環境で繰り返しデプロイする場合に効果を発揮します。

  • 豊富なサンプルテンプレート

    当社が用意した構成テンプレートのサンプルをお客様の環境に合わせてご利用いただくことで、最適なインフラを手軽に構築できます。サンプルは随時追加予定です。

  • 自作テンプレート

    HashiCorp Terraform の記法に対応しており、お客様ご自身でテンプレートを作成し、リソースマネージャー上でインフラを管理することが可能です。

詳細仕様

構成テンプレートのサンプルをご用意しています。お客様ご自身でテンプレートを作成・管理することも可能です。

サンプルテンプレート
VPCルータの活用 VPCルータを活用したDMZ構成を構築します。
ロードバランサの活用 ロードバランサ・アプライアンスと、複数のサーバーを作成し、負荷分散します。
シンプル監視の活用 サーバーを1台作成しシンプル監視する構成を構築します。
アプライアンスを利用した
複合構成
データベースやNFSアプライアンスを利用した複合構成を構築します。

詳細はさくらのクラウドドキュメントのリソースマネージャーをご参照ください。

API経由でも操作可能

「さくらのクラウド」は、コントロールパネル以外にもAPI経由で操作することが可能です。

API

詳細仕様

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。
0
チャット受付中
ただいまオフラインです
(メッセージ受付中)
ページの先頭へ