SAKURA internet

さくらのクラウド アクセスコントロール機能の仕様・料金

アクセスコントロール

2段階認証/マルチユーザー/操作権限設定により高セキュリティを実現。

2段階認証設定で安全性を高める

2段階認証を設定すると、ログイン時の会員ID(クラウドユーザー名)とパスワードの組み合わせによる認証の前にワンタイムパスワードの入力が必須となります。

2段階認証

特長・メリット

  • 不正ログイン防止に

    2段階認証を設定することで、不正ログインに対する安全性を高めることが可能。

ユーザ・アカウント機能

認証設定を柔軟に作成管理

さくらのクラウドのコントロールパネルでは、会員IDとパスワードによるログインのほか、コントロールパネルへのログイン認証の単位となる「ユーザー」、リソースの作業空間となる「アカウント」 の作成を行うことが可能です。

特長・メリット

  • サービス/プロジェクトごとの作業領域分割

    さくらのクラウドを使用しているサービスや開発プロジェクトごとに、アカウント(作業領域)を分けることができます。

  • 認証単位の共用による
    セキュリティ事故防止

    さくらのクラウドの操作を行う担当者個々にユーザー(認証単位)を作成して、パスワード情報の安全な管理を行うことが可能になります。

アクセスレベルを設定することで利便性やセキュリティを向上

アクセスレベルは、アカウントとユーザーの組み合わせ毎にコントロールパネルやAPIでの操作範囲を制限する機能です。

アクセスレベル

特長・メリット

  • ユーザーごとに操作権限を
    設定可能

    ユーザーの役割に応じたアクセスレベルを設定することで、利便性やセキュリティを向上させることが可能。

  • APIによる操作権限を設定可能

    コントロールパネルにログインするユーザーだけでなく、API経由でクラウドを操作するために必要なAPIキーに対してもアクセスレベルの設定が可能。

詳細仕様

リソース操作に関する権限は以下の4段階です。権限レベルの数値の大きな権限は小さい権限を内包しています。

アクセスレベルと操作権限
権限レベル 対象アカウント内で許可される操作
1. リソース閲覧 ・リソース閲覧
2. 電源操作 ・サーバー/アプライアンスの電源操作
・サーバーのリモートコンソール操作
3. 設定編集 ・請求金額の増減が発生しないリソースの作成/削除操作
・作成済みのリソースの設定変更
4. 作成削除 ・請求金額が増減する作業を含めた全ての操作
・APIキーの発行/参照

詳細はクラウドニュースのアクセスレベルをご参照ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。
0
チャット受付中
ただいまオフラインです
(メッセージ受付中)