SAKURA internet

負荷に応じてサーバーが増減するオートスケール構成

構成例3

負荷に応じてサーバーが増減するオートスケール構成

構成例3 負荷に応じてサーバーが増減するオートスケール構成

  1. 負荷に応じてサーバーを自動で追加(スケールアウト)。
  2. 負荷が減少するとサーバーを自動で削除(スケールイン)。

注意事項

DBを使用するアプリケーションの場合、DBサーバはオートスケーリング対象のサーバと分ける必要があります。オートスケーリングにより課金対象のサーバが自動作成されますので、本構成を適用される際はご留意願います。

利用機能 ルータ+スイッチ ロードバランサ サーバー ディスク

こんな課題にお答えします。

課題・要望

  • システムの可用性を向上させたい。
  • 高負荷時に自動拡張し、低負荷時に自動縮小することでサーバリソースとコストの最適化を図りたい。
さくらのクラウドで解決!
  • 負荷に応じてサーバの自動拡張・自動縮小に対応
  • サーバのクローン・ロードバランサの設定追加もAPI経由で自動設定

参考価格

機能 用途 数量 金額
サーバー(2GB / 2仮想コア) ウェブサーバー/データベースサーバー/
オートスケール用監視サーバー
3 東京 3,456円
ディスク(100GB SSDプラン) ウェブサーバー/データベースサーバー/
オートスケール用監視サーバー
3 東京 3,780円
ルータ+スイッチ インターネットコネクティビティ 1 7,776円
ロードバランサ ウェブサーバー用ロードバランサ 1 2,571円
月額料金 32,055

※ 表示価格は全て税込です。

  • ※DBサーバーからインターネットへ通信する際はVPCルータにてインターネットへの経路を用意する必要がございます。
  • ※DBサーバーのフェイルオーバ機構はお客様にて構築いただく必要がございます。

関連する導入事例

お電話でのお問い合わせ

0120-380-397

カスタマーセンター 受付時間:平日10:00〜18:00

※さくらのクラウドについてのお問い合わせは、音声ガイダンスにて[6]番をご選択下さい。
ページの先頭へ